13. 相(事象局面)

koc1
今回は前回の続きみたいなものです。ソラ、相って分かる?アスペクトとも言うけど。

sor3
んー……

koc4
まあそんな感じか。

ロジバンで相といえば、「事象がどの段階・局面にあるのか」 を示すものと思ってくれたらいいよ。

たとえば、ランニングを考えてみよう:

「ランニング」という出来事はいくつかの局面の一連として捉えられるでしょ?ロジバンの相はまさに「出来事がどの局面にあるか」を表すんだよ。

sor1
なるほどね。「リンゴを食べること」なら、

って感じかな?

koc5
そんな感じ。さて、その肝心の相の表し方ですが、なんと!間制とほとんど同じです!

つまり、相のタグがあって、それを述語の前に貼り付ける感じです。なので、ロジバンでは相のことを相制とも言います。

主要なものを挙げるね。

pu'o
相制タグ。未然や将然を表す。「しようとしている」「するところだ」
co'a
相制タグ。開始を表す。「しはじめる」
ca'o
相制タグ。最中や進行を表す。「している」「最中」
co'u
相制タグ。終了を表す。「し終わる」「するのをやめる」
mo'u
相制タグ。完了時点を表す。「し終わる」「完了する」
ba'o
相制タグ。事後を表す。「既にし終わっている」

sor2
なるほど、確かに前回の続きだね。じゃあ、私の言ったのは…

になるかな?どう?合ってる?

koc5
合ってるよ。間制と相制を組み合わせるときは、時制の後ろ にいいます。

では、久々のロジバン作文いってみよう!

sipna
x1 は寝ている
pinxe
x1 は x2 (液体)を x3 (容器/起源)から飲む
rirxe
x1 は x2 (土地)の x3 (流域)が x4 (河口)に流れる河川
djacu
x1 は水
melbi
x1 は x2 (審美者)にとって x3 (性質)・ x4 (審美基準)において美しい/ハンサム/かわいい
cipni
x1 は x2 (種類)のトリ
cliva
x1 は x2 から x3 (経路)によって離れる/発つ/別れる/去る
jmive
x1 は x2 (観点/基準)において生きている

sor1
1. 2. 3. は分かったよ。書くね。

  1. la .soran. ca pu’o sipna
  2. la .kocon. ca’o pinxe lo djacu lo rirxe
  3. le melbi cipni pu zu ba’o cliva

4は「あそこの」が分かんなかった。こんなの習ったっけ?

koc1
教えてないけど教えてます!「遠くで男だ」(≒「遠くに男がいる」)は {vu nanmu}でしょ?
これを {lo} と {ku} で囲んだら…?

sor2
「遠くで男であるようなもの」。ほうほう! {lo vu nanmu ku} で「あそこの男」になるね!

じゃあ 4. はこうだね?

4. lo vu nanmu pu zi co’u jmive

koc5
正解。そういえば何も言ってなかったけど、終止詞の省略も安全にできてるね。

述語の前に間制タグや相制タグがあると、これらが {cu} のような役目をしてくれるんだよ。

sor1
というと、タグがついた述語は tanruの部品にならないってこと?「不意のtanru化」が起こらないわけだし。

koc1
そういうこと。タグは、いわば述語の最後の仕上げみたいなものだね。もちろん、tanru全体の頭にタグをつけることはできるよ。

sor2
その完成品は述語として使えるわけだから、さっきみたいに lo .. ku で囲んで、項として使えるようにすることもできるというわけか。


○×問題

  1. ロジバンでは、相はかなり特殊な方法で表現し、間制の文法と大きく異なっている。
  2. 相制タグをつけるときは必ず間制タグがなければならない。
  3. 相制タグは間制タグと同様、任意の文法要素であり、必ずしも明示しなくてもよい。

-/-問正解!


今回出てきた単語