14. sumtcita

koc1
前回、前々回で、間制、相制についてやってきました。

今回はタグの別の用法を見ていって、さらに色んなタグを紹介しようと思います。

sor1
今回もタグ回か。今まではタグは述語の前に置いてたよね。えっと…こんな感じで:

koc2
そうだね。タグにはそれとは別の用法があります。ずばり、項(sumti)の前に付ける 用法です!大雑把に言うと、タグを前置詞のように使うことができる んだよ。

タグのついた項は項が置ける場所ならどこにでも置けます。文頭でも文中でも文末で構わないけど、大体の人は文頭か文末に置いてるね。

ca
時制タグ(PU類);「~と同じときに」
pu
時制タグ(PU類);「~より前に」
ba
時制タグ(PU類);「~より後に」
ca'u
空間制タグ(FAhA類);「~の前で」
ti'a
空間制タグ(FAhA類);「~の後ろで」
ri'u
空間制タグ(FAhA類);「~の右で」
zu'a
空間制タグ(FAhA類);「~の左で」
bu'u
空間制タグ(FAhA類);「~と同じところで」
ctuca
x1 は x2 (生徒/門下生)に x3 (命題)・ x4 (題目)を x5 (方法)で教える
lojbo
x1 は x2 (性質面)に関してロジバン系
bavlamdei
x1 は x2 の次の日; x1 は明日
nanla
x1 は x2 (年齢)・ x3 (基準)の少年/未成熟の男
cmila
x1 は笑う/笑い声をあげる
pendo
x1 (者)は x2 (者)の友人
penmi
x1 は x2 に x3 (所)で会う

sor2
ほうほう。述語の前に置いて副詞っぽくも使えるし、はたまた前置詞っぽくも使えるんだね。オールマイティだ。

koc1
でしょ? あと、ちらほらと nu が出てきてるけど、要所要所で kei でしっかり閉じていることも見ておいてね。

それと、「タグ zo’e」は zo’e を省略して 「タグ ku」とすることができます。kuの新しい相手だね。この使い方だと、前置詞というよりは副詞っぽい感じがするね。

sor1
たしかに。…ちょっと細かいこと聞いてもいい?

えっと、タグ付き項は述語を修飾してるって考えたらいい?それとも文全体にかかってる感じ?

koc5
基本的には、タグ付き項は文全体を修飾する と考えてたらいいよ。

さっきの文なら、「私はあなたに会う、それはいつかより前のことだ」って感じ。

sor2
なるほどね。


koc1
さて、今までは間制と相制のタグについてやってきました。
ここからは少し趣の違ったタグについてやっていこう。

タグの中には法制タグといって、述なれ語を由来とするタグ というのがあります。 元々の語義とは少し違うけど、「述なれ語を法(ルール)とするタグ」って覚えておこう。1

fi'e
法制タグ(BAI類); finti x1 「~が創って」
finti
x1 は x2 を x3 (目的/機能)のために x4 (既存要素)から創る/発明する/著する
jubme
x1 は x2 (素材)・ x3 (脚/柱/台座)の机/テーブル/台
grusi
x1 は灰色
patfu
x1 は x2 の父親

sor1
ふむふむ…。この fi’e は、「finti を法とするタグ」ってこと?

koc5
そういうこと。 法制タグはその法となる述なれ語のx1の意味を引き継ぐんだよ。

fi’e は finti の x1、つまり「~を創る人として」とか「~が創って」という意味のタグになります。

そして、大事なことが、タグはSE類(se, te, ve, xe)を使って転換することができる ということです。

sor3
ん?!タグはPSを持ってないのに?

koc1
そう思うよね。えっと、SE類についてやったときに

  「se, te, ve, xe を使うと、冠詞によってx2, x3, x4, x5が引き出せる」

って言ってたこと覚えてる?冠詞は取り込む述なれ句のx1を引き出すから…って話。

sor2
あー、覚えてるよ。お、なんとなく分かったかも。

原理はともかくとして、タグも法となる述なれ語のx1の意味を引き継ぐんだよね。だから、se, te, ve, xe を使うと、冠詞のときと同じように x2, x3, x4, x5 の意味が引き出せるイメージなのかな。

koc5
その通り。この辺りをきちんと説明すると長くなっちゃうから割愛はするけど、冠詞のときと同様、タグでも se, te, ve, xe を使うと、法となる述なれ語の x2, x3, x4, x5 の意味を引き継げる って覚えておいて。

bau
法制タグ(BAI類); bangu x1 「~語で」
gau
法制タグ(BAI類); gasnu x1 「~(動作者)によって」
ka'a
法制タグ(BAI類); klama x1 「~が行って/来て」
seka'a
法制タグ(BAI類); klama x2 「~を目的地として」
ka'ai
法制タグ(BAI類); kansa x1 「~と一緒に」
ki'u
法制タグ(BAI類); krinu x1 「~を理由として」
pi'o
法制タグ(BAI類); pilno x1 「~を使用者として」
sepi'o
法制タグ(BAI類); pilno x2 「~を使って/用いて」
bangu
x1 は x2 (使用者)が x3 (概念/命題/文字列)を表すのに用いる言語
gasnu
x1 (者)は x2 (事)をする
klama
x1 は x2 (終点)に x3 (起点)から x4 (経路)を x5 (方法)で行く/来る
kansa
x1 は x2 に、 x3 (事)において伴う/付き添う
krinu
x1 (事)は x2 (事)を許容する理由
pilno
x1 は x2 (道具/機械/者)を x3 (目的)のために使う
ponjo
x1 は x2 (性質面)に関して日本/ジャポニカ系(言語/文化/民族)
lacpu
x1 は x2 (対象本体)・ x3 (対象箇所)を引く/引っ張る
bloti
x1 は x2 (客/荷)・ x3 (原動力)の船/ボート
xamsi
x1 は x2 (領域/惑星)・ x3 (液体成分)の海/海洋
nixli
x1 は x2 (年齢)・ x3 (基準)の少女/未成熟の女
grute
x1 は x2 (種類)の果実/フルーツ
cortu
x1 (者)は x2 (箇所)に痛みを感じる
jamfu
x1 は x2 (本体)の足
zbasu
x1 は x2 を x3 (素材)から造る/作る/工作する
stizu
x1 は椅子/腰掛/ベンチ
xance
x1 は x2 (本体)の手

sor1
うひゃあ。今回はめちゃくちゃ単語が出てきたね…。

でも、タグを使うとかなり表現が広がることは実感できたよ。単語も覚えていかなきゃ…!

koc4
ごめん、確かにちょっと張り切りすぎたかも…。

はじロジも半分終わったことだし、この辺りで一度今までの復習と単語の暗記をやってみたらどうかな?


  1. 「法制」の「法」は元は “modal” を意味するので、こしょんの説明は「法(rule/modal)違い」です。しかし、ロジバンの”modal”は論理学や言語学での標準的な使い方と異なり、よく混乱の元となっているので、奇妙ではありますがこしょんのような説明を採用しました。


○×問題

  1. タグは項にもつけることができる。
  2. タグにはそれぞれ元となる述なれ語が存在し、その意味はその述なれ語のx2と等しくなる。
  3. 間制タグはsumtcitaとして使うことができない。

-/-問正解!


今回出てきた単語